牛の舌って長いのね

仙台の名物と聞いて、真っ先に上がるのは、やはり「牛たん料理」ではないでしょうか?日本全体の牛たん消費量のうち、実に90%がこの地域に集中しているだけのことはあり、仙台の名物ランキングで牛たんは常に上位をキープしています。
さて、この食材が牛の「舌」の部分であることは、皆さんが知る通りですが、ではその長さが実際にどれくらいになるのかはご存知でしょうか?何となく「長い」イメージはあると思いますが、明確にセンチメートルまで把握している方は少ないのではないかと思います。
実は私も4歳になる娘から「パパ、牛さんの舌ってどれくらい長いの?」と質問されて、最初は答えられませんでした。普通牛の舌なんてあまり撮影しませんから、テレビなどでも見たことがありません。

詳しくはこちらの記事へ
→ 昼の牛たん、夜の牛たん

gyu_015しかし、父親として子供の好奇心に答えられないのは色々と問題です。さっそく答えを調べてみたところ、思ったよりも牛の舌は長いことが分かったのです。
まず、草食動物である牛は、地面に生えている草や、木から伸びる枝葉を食べて生きています。そのため、これを摂るために便利だった舌が徐々に長くなり、現在ではおおよそ50センチの長さになっているのだとか。牛の生きるための努力が、長い舌になったとのことでした。
娘にこのことを教えてあげると、「牛さんの舌って長いのね〜」と目を丸くして驚いていました。その様子がとても可愛らしく、私は今後も出来るだけこの子の好奇心を伸ばしてあげようと思いました。